ニチアサバットマン「ニンジャバットマン」

f:id:nyapoona:20180623235744j:plain

 

ニンジャアニメを観てきました。

 「ポプテピピック」のスタッフによるバットマン映画。

脚本は「キルラキル」「仮面ライダーフォーゼ」の中島かずきが担当。

……ここで勘の良い人なら気付くだろうが、この映画が重苦しいわけがない。

作風的には実写映画よりもレゴバットマンや90年代アニメに近いスタイリッシュさとポップさを兼ねそろえたものになっている。

でも原作に近いんだよ……。

話は、戦国時代にタイムスリップしたバットマンヴィラン軍団がバトルするというただそれだけ。

いや、本当にただそれだけなんだよ……。

短尺ということもあって、話よりは映像を楽しむタイプの作品ですね。

映像は本当に凄い。ド派手な殺陣、絢爛豪華なヴィジュアル、CG的バタ臭さを抑えた動き、そしてとあるシーンでの画風の変化、とさすがポプテピピックのスタッフ。

キャラデザも可愛く纏まってて良いかと。特にハーレイの衣装が90年代アニメに近いものになるところは凄く良かった。

それで、これが万人受けするかというと、まあしないだろうな……。

話とか作画とかスッ飛ばしてアメコミというよりニチアサノリなんですよ。

明るい話のノリだとか、テンポの良さだとか、ええい言ってしまおう――合体ロボだとか、今のニチアサで作ったバットマンはこうなるんだろうなと強く思いました。

なので、ノーランバットマンのようなシリアスで重苦しい作品をバットマンに求めている人は当然激怒するでしょう。

が、原作のバットマンもだいたいこんなトンチキな感じなので諦めてほしい。

レッドフードがヴィランではないところやダミアンが居るところなどはN52からの設定を引き継いでいるし、バットマンがタイムスリップする話もいっぱいあるので……。

でも原作読んでるとダミアンが従順な良い子として描かれていたりベインが春映画の再生怪人みたいなスモトリになっていたりするのは解釈違いなんですよね。

原作に寄せるなら徹底的にやってほしい。

 

逆に言えばこのノリが気に入った人は是非とも原作のバットマンを読んでほしい。

この映画を十分面白がれるなら原作バットマンも十分にいけることは保証するので、とにかくなんでもいいから読んでほしい。