マーベルレジェンド パニッシャー

f:id:nyapoona:20180210160733j:plain

アメトイパニッシャーです。

 ハズブロ社より発売されているマーベルレジェンドより、ネトフリ版パニッシャーです。

海兵隊員の(一応)ヒーローですが、彼の特徴はなんといっても悪人を殺すことを厭わないところ。それゆえに他のヒーローとの対立も激しいのですが……ドラマデアデビルにも先行登場しています。

 

マーベルレジェンドはマーベルのアクションフィギュアで、マーベルのいろいろなキャラが立体化されています。1/12スケールフィギュアより一回り大きめくらいのサイズ感。日本でもヨドバシとかにいけば売っています。1個3000円くらいの値段ですが、このパニッシャーはアメリカでおよそ2000円で売られていました。

f:id:nyapoona:20180210160826j:plain

お顔はデジタル彩色が使われており非常にリアル。

昔のマーベルレジェンドといえば、顔がバタ臭いものだったのに今は物凄く進歩したなあ。

f:id:nyapoona:20180211142823j:plain

アーマーのプリントも綺麗。

モールドも細部まで施されています。

f:id:nyapoona:20180211142802j:plain

そしてブーツの造形!

靴ひもから皺まできっちり作り込んであるのがすごい。

f:id:nyapoona:20180210161258j:plain

付属品は拳銃が2丁とおまけのマンシングの腕。拳銃はちゃんともたせられます。というか、ハンドパーツが拳銃持ち手しか入っていないので持たせないとちょっと違和感がありますね。

おまけは他のフィギュアに入っているものと組み合わせると1つのフィギュアが出来るというわけ。アソート全部が流通しづらい日本だと組み上げるのがなかなか難しい。

f:id:nyapoona:20180210161805j:plain

可動に関しては、figmaやアーツとほぼ同じような感覚で動かせます。

コートは軟質パーツとはいえ若干干渉するので下半身の可動は制限されます。

分割線が服の皺にそったものになっていて動かしても目立たないようになっているのがニクい。

f:id:nyapoona:20180210162319j:plain

目標を爆殺後のパニッシャー

f:id:nyapoona:20180211105908j:plain

組むことも多いデッドプールとの対決!?

 

一昔前の顔の似ていないマーベルレジェンドとは段違い。

MLもここまで進歩したのかと感動しました。

日本でも買えるラインナップであると思うので、デジプリ採用のMLは是非手に取ってみてください!