S.H.Figuarts ゴモラ

 

f:id:nyapoona:20170722174524j:plain

モンスターアーツじゃないよ

 というわけでフィギュアーツゴモラがやってきました。

バルタン・ゼットン・メフィラス・メトロン・キングジョーと続いてきたウルトラ怪獣、悲哀と力強さが強烈なインパクトを残したゴモラがいよいよ登場です。

放送開始したウルトラマンジード最初の怪獣もスカルゴモラでしたね。

一応フィギュアーツとなっているものの、サイズも可動も実質的なモンスターアーツにあたります。

f:id:nyapoona:20170722174552j:plain

モンスターアーツ同様に手足と尻尾が輪切り状のパーツで構成されているため、関節部を露出せず高い可動を実現させています。

f:id:nyapoona:20170722174608j:plain

f:id:nyapoona:20170722174612j:plain

こんな風に寝転がることだってできてしまいます。

f:id:nyapoona:20170722192713j:plain

オプションパーツは握り手、角と尻尾のダメージパーツが付いています。

最近のモンスターアーツは本体が1個ごろんと入っていることが多いので、差し替えパーツがいくつか入っているのはお得感がある。

f:id:nyapoona:20170722192741j:plain

角のダメージパーツは非常に小さいので紛失に気を付けましょう。

取り付け部に爪があるため差し替えが面倒ですが、一方を持ち上げておくようにすると比較的やりやすいと感じました。

f:id:nyapoona:20170722192801j:plain

尻尾のダメージパーツ。ごろんと豪快な差し替えパーツが入っています。

f:id:nyapoona:20170722192818j:plain

 説明書にも書いてありますが、差し替えの位置は根元です。

それ以外の位置では軸穴が合わないので間違えないように注意する必要があります。

f:id:nyapoona:20170723070446j:plain

f:id:nyapoona:20170723070504j:plain

単体でも楽しいものの、やはりウルトラマンがあると楽しさは倍増。

f:id:nyapoona:20170722234955j:plain

f:id:nyapoona:20170723070541j:plain

f:id:nyapoona:20170722174615j:plain

とにかく大ボリュームで、可動もアクト・モンスターアーツで培われた技術が投入されていて質・量ともに大幅アップしていました。

なかなかポンポン出せるものではないですが、レッドキングエレキングなど他の怪獣も楽しみです。