SHODO仮面ライダーVS ザンジオー・ショッカー戦闘員

f:id:nyapoona:20160504225241j:plain

仮面ライダーのオタク向け食玩の怪人レビューです。

 

 「SHODO仮面ライダーVS」という食玩を買ってみました。

これは3.75インチ(スターウォーズのベーシックフィギュア程度のサイズ)のアクションフィギュアに申し訳程度のラムネがついているというもので、ラインナップが全部昭和ライダーなことから察せるが、はなっからお子様は眼中にないトイです。

今回は購入したショッカー戦闘員とザンジオーをご紹介します。

ショッカーは取り回しがよい(何個あってもいい)し、ザンジオーはここで買っておかないとまともに商品化されるのが3年後になりそうな予感がした。ちなみにザンジオーはレアアソートで1BOXに1箱しかない。

他はライダー旧1号2号とライダーマンという、死ぬほど商品化されてるメンツだから後回しに。

 

f:id:nyapoona:20160504224340j:plain

ショッカー戦闘員。

ご覧の通りのシンプルな、戦闘員オブ戦闘員。

装備できる殴り棒?剣?がついています。

左足には、自立用とパーツ収納を兼ねたスタンドをつけています。

f:id:nyapoona:20160504223956j:plain

2体並べて、例のポーズを。何体あっても困らないものなので、アソート数は1BOXに3人と増量されていました。

f:id:nyapoona:20160504222155j:plain

ザンジオー。サンショウウオをモチーフとした怪人で、映画初出のキャラです。

レッドマンに出てきそうなどことなくくたびれたフォルムですが、当時の子供達からの受けは良かった模様。

最近では春映画のやられ役の常連としてもおなじみ。むしろそれで知った人も多いのでは。

 

f:id:nyapoona:20160504222345j:plain

可動域が狭く、付属品も手が2組と少な目ですが、本体のボリュームと塗装はなかなか。

レアアソートなので確保はお早めに。f:id:nyapoona:20160504225241j:plain

1弾のアポロガイストと揃えると怪人が集結。

まだまだなんとなく寂しい絵ですが、次は一つ目タイタンとシャドームーンが登場予定。

 

f:id:nyapoona:20160515204035j:plain

ザンジオーの命令でライダーに襲い掛かるショッカー戦闘員。f:id:nyapoona:20160515204402j:plain

戦闘員なら、一度は夢見る光景。

 

 

 

 他の3.75インチアクションフィギュアとのサイズ比較。

大きさはそれほど違わないので、組み合わせて遊べます。

f:id:nyapoona:20160504233905j:plain

ということは……

 

 

 

 

 

 

f:id:nyapoona:20160515204925j:plain

カートに乗せたりf:id:nyapoona:20160515205137j:plain

映画を見せてあげたりできるんです。

エポック社の誰得俺得シリーズとの相性は抜群。

むしろこういうことのために使うフィギュアだよね。

 

今年の流行である3.75インチアクションフィギュア。6インチよりも場所を取らず、ちょっとした小物と組み合わせて写真を撮影するのには最適です。

ミニサイズで複数買ってもかさばらないのがいいですね。

特にショッカーは汎用性が非常に高いので、3箱買ってもいいかも。